1100の機密解除された米国の核の攻撃目標

あなたはいくつの核兵器が抑止力のために必要だと思いますか?

Click here to see this page in other languages:   EnglishUS_Flag German Germany_flag  Hindi India_Flag  Korean    Russian Russian_Flag  Polish Poland_Flag  SpanishSpain_Flag

国家安全保障公文書館は最近、東ヨーロッパ、ロシア、中国、北朝鮮全体で1100箇所に及んだ1956年からの米国の核の攻撃目標の機密解除されたリストを公開しました。下の地図は、そのリストのすべての1100の核の攻撃目標を示しており、私たちは、米国とロシアの間の核交換がどのように壊滅的でありうるかを実証するNukeMapと提携しました。下の点をクリックすると、そのエリアがあたなの選択した爆弾によってどれだけ破壊されるか、および何人の犠牲者が出るかを見ることができます。

If you can no longer see the nuclear target map, please scroll up.

今日の核の攻撃目標のリストは機密書類とされていますが、それはおそらく、劇的に違っては見えないでしょう。米国は依然としてミサイルや爆撃機に配備された核弾頭を約1900発(それに加えて数千以上の予備)を有していて、それらはいつでもすぐに発射し、30分以内にターゲットを攻撃することができるように準備されています。この不安定な状況は非常に危険であり、誤って核戦争の引き金を引く寸前まできたことが何度もあります。さらに、今日の水素爆弾の多くは、広島と長崎に投下された二つの原子爆弾よりも数百倍強力です。もし今日核戦争起こったとしたら、核の冬によって地球上のほとんどの人が死ぬかもしれません。

これは重要な問題を提起します。私たちは、実際にどれだけ多くの核兵器が必要なのでしょうか?核を保有する9国のうち7国は、抑止力が必要とするのは300未満の核兵器だと決定しており、それらのどの国も攻撃されていません。しかし、米国とロシアは、世界の兵器庫の90%を占めるそれぞれ約7000発の核弾頭を持っているだけでなく、両国は現在、より正確かつ致命的な核兵器との軍備を強化するために大規模な投資を行い、事態をエスカレートされています。多くの軍事アナリストは、米国とロシアは、はるかに少ない核兵器で容易にその抑止力のニーズを満たすことができると同意しています。しかし国防総省は、米国が核攻撃を抑止するためには1,000の核兵器が必要だと述べています。しかし、真に受けてはいけません。地図を使って、核兵器がどれだけ破壊的でありうるかを学んでください!

1100の核の攻撃目標、放射性降下物、そして天候

上記の地図は、核破壊の一般的な半径を示しているが、気象パターンによって、核放射性降下物の影響を受ける人の数が変わってきます。天候が日々変化することを考慮すると、私たちが間違った日にある国の国境近くに核爆弾を落としたとしたら、隣国にいる罪のない人々も放射性降下物の影響を被る可能性があります。どこまで、どの方向に放射性物質が移動するかは、爆弾の大きさと地元の天候に依存するでしょう。以下の図では、Alex Wellersteinが二つの恐ろしい可能性をシミュレーションします(フルスクリーンオプションで以下のスライドショーを表示するとより容易に放射性物質が移動する場所を参照していただけます。)。

1)2016年4月29日に全ての1100の核の攻撃目標が指定されたサイズの核兵器に攻撃されたとしたら、何が起こっていたでしょうか?

このスライドショーでは、爆弾は大きく成長し、核下降物が、地元の気象パターンによって定められた方向に攻撃目標から離れて広がります。このスライドショーがまだ核の冬の効果を示していないことに注意してください。核火災から十分な煙が高い成層圏に上昇した場合、それは私たちの惑星全体に広がり、10年に及ぶミニ氷河期と農業の崩壊を誘発し、地球の70億人のほとんどを死に至らしめる可能性があります。

2)異なる3日間に爆弾が落とされたとしたら、放射性降下物の変化の方向はどのように変化するでしょうか?

ここでは、100キロトンの爆弾(今日の典型的な爆弾は、より何倍も強力です)が1100の核の攻撃目標に落とされたとしたら、核下降物の方向がどのように変化するかを見るために、2016年4月29日、4月30日および5月1日の気象データを使用します。異なる気象パターンによって、核降下物はそれぞれの日に異なる方向に運ばれます。核の攻撃目標が間違った日に攻撃された場合、放射性降下物で打撃を受ける可能性がある、ドイツ、デンマーク、フィンランドなどの国によく注目してください。